Samtec Japan and RITA Electronics Joint Online Seminar

サムテックジャパン・RITA エレクトロニクス主催オンラインセミナー

セミナー概要

イベント名 28Gbps 差動信号伝送ボードの設計開発ソリューションセミナー
日時 2022年10月21日(金)13:30 ~ 15:15(13:20 から入室可能)
場所

オンライン ご自身のPCからお気軽にご参加ください。
配信用ソフトウェアには、Microsoft Teams ライブイベントを使用します。
Microsoft Teamsアプリのほか、Microsoft Edge、Google Chrome等の最新のウェブブラウザ―で視聴できます。

主催 サムテックジャパン合同会社
RITA エレクトロニクス株式会社
費用 無料
お申込み

本イベント参加のお申込みは、以下URLからお願いします。
https://ritael.web-tools.biz/Seminar_Requests_20221021/
※ 本セミナーが終了いたしました

お問い合わせ RITA エレクトロニクス株式会社 HP お問い合わせ窓口までお願い致します。

セッション情報

【セッション1】

  時間     13:30~14:15
テーマ 28Gbps対応コネクタ選定時の6つの留意点
概要 高速伝送に対応したコネクタは、SI(シグナルインタグリティ)を良くするためにいくつもの技術的工夫がなされています。システム全体のSIパフォーマンスを最大限に引き出すため、コネクタ選定する際に着目すべき6つのポイントを弊社のSEARAYシリーズを例に解説します。 また、SIの検証方法や顧客サポート体制、今後のさらなる高速化に対応したExaMAXバックプレーンコネクタやFLYOVER商品群も紹介予定です。
発表者 サムテックジャパン合同会社
テクノロジーセンター
プリンシパルエンジニア 水村 晶範氏

【セッション2】

  時間     14:30~15:15
テーマ 最新高速シリアル伝送の設計手法と検証例 -差動クロストークの影響と対策-
概要 5G、通信、ミリ波レーダー市場で求められる1チャネル当たり28Gbpsレベルの高速差動信号伝送が、信号補償技術と伝送路技術の進歩によって実用化されています。しかし、高速IO端子の増加や高密度化のために差動ペア間のクロストークが大きくなるため、伝送距離・速度が制限される問題が発生し、この対策が必要な場合があります。 本講演では、12Gbps~28Gbpsの高速差動シリアル伝送を題材として、プリント基板における差動クロストークの影響と対策について当社独自の事例をもとに紹介します。
発表者 RITAエレクトロニクス株式会社
開発・ソリューション本部
技術開発グループリーダー 本木 浩之

備考

本イベント内容は記事公開時点(2022年9月21日)のものであり、予告なく変更になる場合があります。